光線療法Q&A

Q.アーク光線療法とは何ですか?                    (参考資料)監修 医学博士 宇都宮光明先生による光線療法より

A.太陽なければ命なし!太陽に陽っていない野菜は、モヤシって知っていますね!地球上のあらゆる生物は、太陽によって生まれ太陽光線の恩恵を受けています。

文化生活を営む社会で現代病が多くなりましたが、太陽光線の欠乏症に深く関係している事がわかり、人口光線として太陽光線と同じ連続スペクトルを強力に放射するカーボンアーク灯が考案されました。日本では、1908年に東大皮膚科にて治療を始められています。

太陽光線に陽たる機会が少ない現代生活に欠かせないのがアーク光線療法です。

季節や天気に関係なくいつでも手軽にお使いいただける太陽光線のカーボンアーク灯です。健康維持増進に役立ちます。

厚労省許可のサナモア家庭用光線治療器は、世界初のコンピューター制御技術により高純度のカーボンを3000度で燃焼させています。

約3000度で燃焼して作られる白色の光は、10万種類の人体に有益な太陽光線の全てのスペクトル(紫外線・可視光線・赤外線)です。

有害な光線は一切放射されませんのでご安心下さい。

 

Q.肩こり・腰痛など痛みには?

A.光線療法でなぜ痛みやこりが治る!?

頑固なこりや痛みの原因は血流の停滞です。こりや痛みの部位を光のエネルギー(深部温熱作用)で血管を拡張させ血流を改善した結果痛み、こりが和らぐのです。痛みやこりは、身体の中の異常を現している信号です。

痛くなかったら必要な手当てをしないで悪化させてしまうでしょう。痛みやこりは、放置せず早めの根本的な手当てをしましょう。

 

Q.赤ちゃんには?どうですか?

A.新生児重症黄疸のかけがえのない治療法として紫外線が認められ治療に使われています。

母乳や牛乳にも、ビタミンDが欠乏しています。その為、昔、赤ちゃんは裸で日光浴をさせていましたが紫外線が害といわれるようになって日光浴を嫌うようになり小児のクル病(骨軟化症)が多くなりました。ビタミンDが無いと母乳のカルシウムは吸収できないのです。

日光浴(光線照射)を十分させて骨を丈夫にしてあげましょう。

 

Q.骨粗鬆症ですが?

A.高齢者に骨粗鬆症の方が非常に多くなっています。骨細胞は、日々破骨と造骨を繰り返し入れ替わっていますから年齢の所為にしてはいけないですね!

骨粗鬆症と言われカルシウムを補給してもダメでビタミンDが無いと吸収・利用されないのです。ビタミンDは食べ物からは殆ど得られず、紫外線を浴びる事で皮膚でしか作られません。

光線を浴びましょうとは言っても年齢と共にビタミンDを作る能力も低下してしまい、現代では長時間の日光浴も適いませんのでアーク光線療法で補う事も考慮です。

クル病も光線療法で回復します。

 

Q.アトピー性皮膚炎ですが?

A.アトピーは、単に皮膚の問題だけでしょうか?

アトピー性皮膚炎は、遺伝性の過敏体質などで治りにくい場合もありますが、発汗により体内の老廃物を排泄して身体の内部から治すことを考えて対応しましょう。

紫外線には、アトピーなど皮膚のかゆみを止める作用があります。また、皮膚を掻いて悪化させるのを防ぎ、皮膚組織の抵抗力を強くし、病気への抵抗力を高めます。紫外線には、殺菌作用もあり細菌や真菌による皮膚感染症にも効果があります。

 

Q.ビタミンD過剰症になりませんか?

A.太陽光線を浴びて作るビタミンDには過剰症はありません。アーク光線療法も同じで安心して照射していただけます。

ビタミンD過剰症は、薬剤やサプリなどでビタミンDを取り過ぎた場合に起ります。

薬剤や肝油(ビタミンD剤)によるビタミンD過剰症には、

・胃腸の症状ー食欲不振 口の渇き 多飲 悪心 嘔吐 下痢 便秘 腹部不快感 体重減少など

・全身の不快感、脱力感

・精神、神経症状ー頭痛 記銘力障害 錯乱 傾眠 昏睡 関節痛 筋力低下 腱反射減弱

・腎臓障害ー多尿 頻尿 尿濃縮力低下 代謝産物(尿素、窒素、クレアチニン)の上昇 腎不全

・高カルシウム血症

・血中コレステロールの上昇

・血圧上昇

・異所性石灰化、腎・尿路結石、血管の石灰化

上記症状に気をつけ薬剤、サプリメントは補給しましょう。

※光線を浴びて身体は必要なだけビタミンDを造りますので過剰症は有りません。

 

Q.貧血には?

A.光線には造血作用があります。

室内で生活する事が多い現代の生活様式で太陽光線を浴びる事が少なくなりました。

光線照射を受けると血液中の赤血球、血色素(ヘモグロビン)、白血球、血小板が増加します。

特に若い女性に多い出血による鉄欠乏性貧血に対し、腸管での鉄の吸収を促すことで顕著な効果が認められています。

人体の血色素(ヘモグロビン)と植物の葉緑素(クロロフィル)の構造式は、殆ど同じです。違いはヘモグロビンは中心に鉄を含み、葉緑素は中心にマグネシウムを含み、どちらも光線の作用を受けると増加し色が良くなります。

光線を浴びて新鮮な血液を増やし、健康増進、病気の克服を心掛けていただきたいです。