新しいホームページです。

自然医学療法センター橋本・八光流柔術健心会道場からのメッセージを発信してゆきたいと考えています。

皆様の健康に少しでもお役に立てば幸いです。 


お知らせ


下肢静脈瘤について

今、1千万人以上の方が下肢静脈瘤の悩みを抱えているそうです。

 

先日も名古屋の82歳になられるという女性から上下運動器の問い合わせを頂きました。

病院で薬を飲みながらも、足は冷え、心臓にも負担が掛っているようでとてもお気の毒です。室内は何とか歩けるようですが、外は車椅子とのことですから当院まで来ていただく事もできません。

 

状況によっては、上下運動の器械も介助者がいないと危ないのです。

 

やはり自力で出来る範囲からはじめた方が良いと思い、食事療法や上下運動を含めた健康体操、足首の交互浴、脚袋法などのやり方を書いてお送りすることにしました。

 

今まで玄米食(おかゆ)だそうですが、玄米食は弊害もありお勧めできません。後は、スーパーでの惣菜のようでしたから全くの栄養不足になっておられると思われます。

糖質が多く、たんぱく質、脂質、ビタミン群、ミネラルと日光浴不足によるビタミンD欠如です。骨も脆くなっていて骨折もしやすくなり現にされているとのことです。

 

糖質を減らし卵や肉を食べる事をお勧めし、特に卵は栄養豊富で安上がりな食材で調理法も工夫でバリエーションがあります。

卵は、ビタミンC以外の栄養が含まれているプロテインスコアが高い食べ物とのことで一日5~10個食べても良いそうで、食べ物から変えてゆくことがまず必要と思われます。

 

身体は、全て一体。

食べ物(栄養)・運動(四肢)・呼吸(皮膚) ・こころの持ち方(精神)

病気はなってから治すのではなく、ならない体をつくる事(予防)が大切です。

 


アーク光線療法勉強会報告

アーク光線療法勉強会報告

 

7月8日の勉強会には、日頃光線治療器を家庭でお使いの方、当院で施術を受けて下さる方、初めての方のご参加を頂きました。

 

アーク光線療法の原点は、太陽光線でその光の作用を光線治療器でカーボンを燃焼させて作ります。

太陽光線類似のフルスペクトル光療法です。

紫外線領域、赤外線領域、可視光線領域の化学作用や物理作用を応用し病気の回復・予防に使われています。

すなわち、副作用が無く、身体に負担の無い、人に備わる自然治癒力を最大限に生かす療法です。

 

紫外線によるビタミンDの合成は、乳癌、大腸癌、前立腺癌、卵巣癌、骨粗鬆症、多発性硬化症他多数の病気の予防に効果が認められています。

 

このビタミンDの不足は、骨疾患、悪性腫瘍、中枢神経疾患、心血管疾患他の誘因になリ、乳幼児を中心には、クル病・発育不足が増加し、若い女性では、血中ビタミンD濃度の低下が指摘され、高齢者では、ロコモティブシンドローム(運動器疾患)、脳の病気、認知症などの増加が懸念されているそうです。

 

他に赤外線は身体を温め細胞を活性化し紫外線、赤外線、可視光線の相互作用によって、内臓疾患、高血圧、高血糖、脂質異常症、筋肉減少、変形性関節症にその予防・改善が期待できます。

 

アーク光線療法と取り組む医師・動物病院始め施術院の現場にては、様々な症例が報告され、末期癌からの回復、延命、難病からの離脱、慢性病の克服、健康長寿の達成などが有りました。

 

アーク光線療法勉強会 鎌ヶ谷 白井 船橋 松戸のアーク光線療法 自然医学療法センター橋本です。
アーク光線療法勉強会

少し遅れて、精神科のお医者様も勉強会参加後、体験もしていただきました。

 

そして、これは気持ち良い~うつ病にも良いですね~良くなってくるのでは・・・との感想を頂きました。

 



皇法指圧勉強会報告

6月25日(日)の皇法指圧勉強会は、東京から30歳代の男性の参加と80歳ご主人と70歳代の奥様に見学いただき大変関心を持って下さいました。

当日、ご来院いただいた女性のお客様に施術を受けていただき、順序もより分かり易かったようです。

その後、二人づつ組みお互いに指圧をしますと日頃の疲れが解消されたとのことです。

 

そして、ご夫婦はお客様になってくださいました。

 

次回の皇法指圧勉強会は、7月23日(日) 13:30~15:30 です。

参加者募集です。

 

皇法指圧勉強会 千葉県鎌ケ谷市の皇法指圧、アーク光線療法の整体院自然医学療法センター橋本です。
皇法指圧勉強会 膀胱経
皇法指圧勉強会 千葉県鎌ヶ谷市の皇法指圧、アーク光線療法の整体院 自然医学療法センター橋本です。
皇法指圧勉強会 大腸経
皇法指圧勉強会 千葉県鎌ヶ谷市の皇法指圧、アーク光線療法の整体院 自然医学療法センター橋本です。
皇法指圧勉強会 肝経


アーク光線療法体験と勉強会のお知らせ

アーク光線療法体験・勉強会のお知らせ
日時 7月8日(土曜日) PM 1:00~4:00
場所 自然医学療法センター橋本 二階
体験可
参加費無料です。
お問合せ 090-8845-7959


当院では、アーク光線療法の施術をしていますが、アーク光線て何??という方も多いのです。

今回は、アーク光線療法を学び、体験をしていただきたいと思います。

 

身体の痛み(腰・肩・手足・頭部・腹部・生理痛・歯・・)、内臓疾患、不眠症、冷え性、浮腫み他様々な症状に対応出来ますので、是非一度ご体験下さい。

 

ご参加をお待ちしています。


皇法指圧勉強会のお知らせ

皇法指圧勉強会のご案内です。

 

日時 6月25日(日)13時30分~15時30分

場所 自然医学療法センター橋本 二階道場

詳しくは、047-440-8805 橋本迄ご連絡下さい。

 


八光流柔術入門者募集

八光流柔術研究会&八光流柔術健心会道場では、入門者を募集しています。

 

八光流柔術十和会道場(木野師範)が高根木戸駅近に新設されました。

入門者募集しています。

連絡先他詳しくは、八光流柔術健心会道場 橋本迄お問合せ下さい。

八光流柔術研究会         

 

場 所  松戸市常盤平体育館 皆伝師範 小針富十

稽古日  毎週日曜日 9時~11時迄 月4回

 

入門料等お問い合わせは、

携帯 090-6569-1198 小針迄

 

八光流柔術健心会道場

 

場 所 自然医学療法センター橋本 二階常設道場

稽古日 毎週 木曜日 17時~19時

    〃  土曜日 18時~20時

お問合せは、 

TEL 047-440-8805 携帯 090-8845-7959 橋本迄




八光流柔術!!体験しませんか!

八光流柔術!!体験できます!

小、中学生、女性も大歓迎です!

親子で参加をお待ちしています!

 

八光流柔術護身術を一緒に楽しく学びましょう!!

八光流柔術の特徴は、経絡の刺激に有り経絡が刺激され関係する内臓に働きかけます。

身体の中から健康になり、外からの暴力に対応できる護身術でもあるんです。

 

体力づくりに運動をしようと思っていても体が~と思っていませんか?

40才過ぎたら、激しい運動はNGです。

 

○八光流柔術は、「挑まず・逆らわず・傷つけず」という理念のもとに、力の要らない柔術です。

○年齢、性別に関わらず、どなたでも上達が出来ます。

○「姿勢」・「呼吸」・「脱力」のお稽古で柔軟な体で、日常生活が快適に過ごせるようにしませんか! 

一度、体験してみましょう!!

6月18日(日)10~12時: 小針道場と合同のお稽古です。

 

お問合せは、こちらから

電話 047-440-8805

 

 


Step upセミナーに参加しました。

3月13日に開催されたDr.PUR BEAUTEの研修会に参加してきました。

第一部

①Quality Of Life(生活、人生の質)

 オルタナティブ・メディスン(代替療法)

②最先端医学で注目され!自然療法のレイセラピー:講師 医学博士 宇都宮 正範 先生

第二部

春の効果的なフェイシャル施術!

特許取得 Mag 8を使用し、春から夏かけてのSou 顔 でした。

 

アーク光線療法は、生活の質UP、代替療法として最高の自然療法と認識できました。

 

美と健康(身体の内部とお肌の健康)づくり

フエイシャルとアーク光線の組み合わせた施術。

フェイシャルとアーク光線療法:千葉県鎌ケ谷市の整体院 アーク光線療法の自然医学療法センター橋本です。
フェイシャルとアーク光線療法
足裏のアーク光線療法:千葉県鎌ケ谷市の整体院 アーク光線療法の自然医学療法センター橋本です。
足裏のアーク光線療法

アーク光線照射を併用することで、

・足裏への照射は、冷えを軽減し全身の血流

 が改善されます。

・お顔では、光線の持つ温熱作用や化学作用

 により血流改善、自律神経調整、ホルモン

 バランス調整他様々な作用が期待できま

 す。



わかさ出版「夢21」月刊誌掲載:上下運動

夢21の2月号に掲載

 

西式かかと落とし(足首の上下運動)が、掲載されました。

当院も取材を受けて掲載されていますのでご覧いただきたいと思います。

 

上下運動法は、ふくらはぎの筋ポンプ作用を旺盛にして速やかに血流を改善します。継続くすることで循環病を改善してゆきます。

静脈瘤・痔・血流障害による諸症状の改善(不整脈、脳梗塞予防、抹消感覚障害など)に役立つ運動法です。

 

当院では、上下運動器を活用しています。また、ご自宅で出来る自力上下運動法を指導しています。


上下運動器の活用で血流改善:千葉県鎌ケ谷市の整体院 自然医学療法センター橋本です。
上下運動器の活用で血流改善1
足首の上下運動法 千葉県鎌ケ谷市の整体院  自然医学療法センター橋本です。
足首の上下運動法
上下運動器による血流改善 千葉県鎌ケ谷市の整体院 自然医学療法センター橋本です。
上下運動器による血流改善2


「医食同源」誌掲載:11月号

NPO法人明日の健康を考える会

「医食同源」誌 11月号に掲載されました。

9月号は、主に八光流や皇法指圧について・10月号は、アーク光線療法・11月号は、上下運動他自然療法についてです。

 

医食同源 11月号 千葉県鎌ヶ谷市の整体院 自然医学療法センター橋本です。
NPO法人明日の健康を考える会:医食同源 11月号
医食同源 11月号 千葉県鎌ヶ谷市の整体院 自然医学療法センター橋本です。
NPO法人明日の健康を考える会:医食同源 11月号


医食同源誌10月号:自然医学療法センター橋本の記事です

医食同源誌 10月号に掲載です。

千葉県鎌ヶ谷市の整体院  アーク光線療法の自然医学療法センター橋本です。
NPO法人明日の健康を考える会:医食同源 10月号

医食同源誌 10月号の掲載は、アーク光線療法のお話です。

 

アーク光線の施術を通して、過去の症例を数例取り上げました。

改めて、内容を掲載を予定しています。



卵巣がんの克服を目指して

一年半程前、脚腰の痛みで分かった卵巣がんの克服を目指して、生活習慣(特に食事)を変え、アーク光線療法と取り組まれているSさんのその後を紹介します。

 

詳しくは、お客様の声欄をご覧ください。


「医食同源」誌に、自然医学療法センター橋本の紹介

NPO法人明日の健康を考える会の機関紙「医食同源」に、自然医学療法センター橋本を取り上げていただきました。

 

千葉県鎌ヶ谷市の整体院 八光流「皇法指圧」・アーク光線療法の自然医学療法センター橋本です。
「医食同源」誌 9月号
千葉県鎌ヶ谷市の整体院 八光流「皇法指圧」・アーク光線療法の自然医学療法センター橋本です。
「医食同源」誌9月号に掲載

千葉県鎌ヶ谷市の整体院 八光流「皇法指圧」・アーク光線療法の自然医学療法センター橋本です。
「医食同源」9月号より村田さんの記事

NPO法人明日の健康を考える会では、食を中心に生活習慣の改善を提案しています。

「医食同源」は、お医者さんのご指導始め多くの健康関連の方や会員さんによる体験談も取り上げられた機関紙です。

 

9月号~11月号の3回、当自然医学療法センター橋本の紹介をさせていただきました。マンガで健康法をお書きの村田敏明先生は、分かり易く人気掲載ですので写真を掲載しました。

 

NPO法人明日の健康を考える会の年会費は、1500円です。

年間11回の発行です。ご購読を希望される方は、TEL 045-828-4001、又は、当院に連絡お願いします。



福島八光流技研会参加に参加しました

千葉県鎌ヶ谷市の整体院 八光流「皇法指圧」・アーク光線療法の自然医学療法センター橋本です。
松本祖山先生と小針皆伝と参加者

2016・7・23~24

 

福島県いわき市での福島技研会に参加し、多勢の師範、皆伝師範の指導を受ける事ができました。

 

また、松本祖山先生の傘寿の祝賀会も兼ね楽しく有意義に過ごす事ができました。

 

他の写真は、道場便りに掲載しました。



夏の手当て:熱中症・脳梗塞の予防

 

2016・6・27日

梅雨明けとともに気温が一挙に上がり、日射病、熱射病の熱中症・脳梗塞など暑さによる症状に注意が必要な季節です。

ふらつく、目が回る、だるいなどの症状が始まった時には・・・早めの手当てをしましょう。

 

夏は気温、湿度が高く、家の中でも、寝ている間でも発汗し、急に暑くなると体温調節の為発汗がより多くなります。

汗をかくと、水分、塩分、ビタミンCを失いますので補給をします。

多く出ただけ補給が必要ですね。

 

熱中症・脳梗塞予防に、気をつけたいこと。

◆長時間の暑いところを避ける

温度の高い場所・長湯・機密性の高い室内や衣類、寝具にも要注意です(呼吸、皮膚呼吸に注意)。

◆水分を常に十分摂取する。冷い飲食は、取り過ぎない。

普段から水分補給の習慣をつけて、脱水を予防します(一口飲みで)。

多量の発汗時は、失った分だけ補給しましょう。

◆塩分補給法・・・空腹時に梅干で補給(2~3回~)夏は、塩、梅干を常時携帯すると良いです。

トマトなど野菜に塩(自然塩が良い)、ごま塩で補給します。

◆血液の濃度を高める糖質は気をつけましょう。

暑い時の甘い果物(スイカ、メロン含む)、ジュース類などは、発汗で水分が抜けると血中の糖が血液濃度を上げ循環を悪くします。脳や全身への酸素、水分補給が遅れ、結果、熱中症・脳梗塞になりなり易いです。

◆熱中症・・・危ない時は、涼しい場所に移動し、冷水で体を拭きます。

ぬるい水風呂(30度位)や洗腸も良い方法です。

*****

※暑い時のお出かけは、ペットボトル水を冷凍し濡れたタオルを巻いて持ち歩きます。

※時々冷タオルで顔や首を拭きます。

※溶けた水は、飲用に役立ちます。

※スポーツ中、後の発汗は、2L~4Lとも言われますが、個人差がありますので自己管理で熱中症・脳梗塞を予防したいですね。

※危ないと思ったときは、無理せず周囲の方に声かけを。 


6月11日(土)~12日(日)八光流世界師範大会

2016・6・12 於 大宮パレスホテル

 

一部、写真で様子を報告します。八光流j健心会道場のFacebookページもお楽しみに。


アーク光線療法セミナーより

 

2016・4・20

4月18日(月)に品川で開催された日本光線療法協会主催のセミナーに参加しました。

今、現代医療の進化は目覚ましものが有りますが、果たして病気は減っているのでしょうか?癌、糖尿病、アレルギー他難治の病は、むしろ増加しています。その原因は??

 

 


疲れなくなりました

ハンドルネーム:とっとちゃんからのカマップへ口コミを頂きました。